竹のある部屋

今の日本の状況を考慮し、地震に耐えられる注文住宅を

どのような注文住宅を建てていくべきなのか

今どのような注文住宅を建てていくべきなのか迷っている人はいると思います。やはり注文住宅を建てていくときには、素人は何を重視していくべきかということがわからないことがあります。しかし、今の日本の状況を考慮するとどのような注文住宅を建てていけばいいのかがわかります。ではどのような注文住宅を建てていけば良いのかということですが、一番は地震に耐えられる注文住宅にしていくということです。最近は予測ができない大地震が起こっています。やはり地震などの自然災害はいつどこで起こってもおかしくないような状況になってきています。だから、地震が起こってしまった時にすぐに家が倒壊してしまったら困るのです。
地震が起こった時に家にいた場合、家が簡単に倒壊してしまったら、命が危険に晒されます。そのような状況になっても家が倒壊しなかったら命が助かる場合があります。だから、注文住宅を建てるときには地震に耐えられるような注文住宅を目指していくべきだと思います。注文住宅はこれから地震に耐えられるということが購入の最大の要件になってくるかもしれません。やはり注文住宅を建ててから、地震に耐えられるようにしておくことはとても重要です。

ローコスト注文住宅はここに注意

注文住宅といえば高い。このようなイメージをお持ちの方は未だに多いかと思いますが、近年では新たにローコスト注文住宅という概念が生まれつつあります。注文住宅業者にもローコスト専門とPRする業者も増えているのです。しかし、ローコスト注文住宅は注意するべき点があります。その一つが安いにはワケがあり、基礎とグレードが低いという点です。通常では見えないところ。基礎工事のブロックや壁に柱の木材も安い材料を用いております。極限までコストカットを行った結果のローコストであることを抑えておきましょう。次はキッチンやバスにトイレのグレードが初期設定では低いという点です。
ここにこだわりを持つのが注文住宅の良い点なのですが、こだわることで追加料金が発生し、結局コストが高くなるという例がありますので注意しましょう。最後は、ローコスト注文住宅を選ぶならば、一生ものと考えないということです。 前述の通り基礎とグレードが低いため、数年経てば劣化も生じます。お子様の成長や自立に伴って、家の建て替えを検討することもあるでしょうから、生活サイクルの変化に際してその都度建て替えをするのであれば、ローコスト注文住宅でも全く問題がないと言えるのです。最近では注文住宅向けの比較サイトもありますので、これを利用してあなたの希望が叶えられる注文住宅業者を選定するというのが大切です。

注文住宅において営業職の重要性!

私が注文住宅を建ててから7年が経ちます。今振り返っても注文住宅の購入を検討していた時期は大変でした。が、私の場合、営業の人がよかった為とてもスムーズに事が運びました。まず住宅展示場巡り。毎週仕事休みの日は通っていました。近所に住んでいた家族が建てた注文住宅を見せてもらって、「いいな」と思った所は既にあったのですが、一応色々なハウスメーカーを回ってどんなタイプがよいか検討しました。一件毎に熱心に見るものだから、2、3件見たらぐったり疲れて、数日に分けて見に行きました。各ハウスメーカー共、それぞれに魅力があるな~と思いながら、家族に見せてもらった本命のハウスメーカーへ行った時に営業の方が第一声に「ざっと見に来られただけですかね?本気で考えられて来られてるんですかね?(感じの悪い言い方ではありません)」と言われて、本気で考えている旨を伝えると一気にその瞬間から現実的で本気な話が始まりました。
・まずこんな展示場のような広さのものは建てられない
・どれぐらいまでに建てたいか
・予算と、金融会社は今どこが利子が低いか
など、私は無駄な話があまり好きでは無かったので、単刀直入に切り込んできくれて、話のテンポも丁度よいと感じたこの営業の方を気に入り、以降家が建つまで担当してもらいました。人によって感じ方は様々でしょうが、私の中では「できる営業マン」の代表になっています。

注文住宅を建てるにあたって大事なこと

注文住宅の良いところはまずは土地と家を両方選べるというところです。まずは注文住宅は拘れば拘るほどお金がかかるということが言えます。逆を言えばコストを抑えようと思えばコストはある程度低く抑えられます。ハウスメーカーの方は良いところをたくさん話して来ます。そして早くハウスメーカーを決定してほしいと思っているので焦らせてくるところもあるでしょう。
そういったところは無視しないと後悔するかもしれません。注文住宅では間取りは自由ですが耐震性などでどうしてもここに柱を入れなければならないということもあるのでそこは注意しなければなりません。あとは建売とは違って外構費用などもあとから料金が出てくるのでその枠も忘れないようにしてください。外構費用は建物の10分の1はかかると思った方が良いでしょう。
注文住宅に至っては予算以内に収まるという人はあまりいないかもしれません。逆に予算をオーバーしてしまったという人の方が多いと思います。なぜなら後々余計なお金が出てしまうことが多々発生するからです。そうった意味では最初から予算は少し低めで見ておくことが大切だと私は思っています。いろいろなハウスメーカー、工務店を見に行くことになるとは思いますが営業との相性は大事にした方が良いと思います。なぜならその人があなたの総合窓口なのですから。


注文住宅を建てるなら土浦がおすすめです。土浦ならあなたの希望通りの注文住宅を建てることができるでしょう。もしご検討なら土浦注文住宅にご相談ください。素敵な注文住宅をぜひ土浦で建設してくださいね。

カーテンのある部屋

LATEST RECENT

自分好みの注文住宅

白い部屋

昨年、念願叶って注文住宅を建てることができました。もともと、自分の住む家は自分で色々考えてみたい、そう考えていた私は迷わず注文住宅で家を建てることを決意しました。夫と5歳の息子の3人暮らしの我が家。注文住宅には、次のようなエッセンスを…

»more

住宅メーカーとの相性

大きな部屋

注文住宅を建てる事になった時、初めて住宅展示場を見にいきました。各住宅メーカーの素敵な家が立ち並び、中の造りもそれぞれに素敵なこだわりがありました。その時は何となくお客様気分でモデルハウスを見ていたせいか「自分がこういう家に住む」とい…

»more

これから注文住宅を購入しようと思うならば

洗礼された部屋

これから注文住宅を購入したいと思っている人はいるでしょう。そのような人は、どのような注文住宅を建てていきたいのかということをはっきりさせていくことが、重要だと言えます。ではどのような注文住宅を建てていくべきなのかをはっきりさせるために…

»more

UPDATE ARTICLE

2016/06/20
書面に残しておく事は重要を追加しました。
2016/06/20
これから注文住宅を購入しようと思うならばを追加しました。
2016/06/20
住宅メーカーとの相性を追加しました。
2016/06/20
自分好みの注文住宅を追加しました。